続能登島辺り

西岸駅舎

009_2019081509283205d.jpg
変わった駅名ですな^^

010_20190815092833a29.jpg
木製枠も中々残っていないのだ。
まぁ無人駅なので遠慮なく・・・

011_201908150928341af.jpg
後から、薄いベニヤを貼った感がありますな~

012_20190815092836010.jpg

013_201908150928374f7.jpg
この看板、何とも意味が分からなかった。

014_201908150928396a3.jpg
当時モノだろうか、何気に残っている所は良い行いですな^^
捨てたらお終いですからな~

015_2019081509284110d.jpg
おっちゃんは草刈りしてましたな!

016_20190815092842fbb.jpg
なんとびっくり!初代タイガーマスクの佐山サトル?まじか 
さらに岐阜の種馬、ロッキー川村!って誰?
しかし、お寺でチャリティープロレスとは・・・入場無料ってか!
左下に新間 寿って、マジか マジのマジか? まぁ分かる人には分かるだろう。

いや~思いがけず堪能させて頂きました。こうなりゃもうちょっと攻めてみたくなるのが人情ですか!
忘れかけてた血が騒いだか!行かねば始まりませんな~
能登中島駅を飛び越して、笠師保駅という。地名にしては珍しいね、行って見よう^^
スポンサーサイト

能登島辺り

前記事で「能登中島駅舎」を取り上げた以上ね、ここら辺を書いてやろうかいと思った分けで

8月10日の事でしたな~この日は77で

氷見から海岸線・・・はいつものパターンなので、高岡北から能越道に飛び乗った。
何の事も無く、灘浦ICで下りて海岸線から七尾市内へ滑り込んだY 途中、報国町で山崎製麺所か?と
思い浮かんだが時間的に合わないわけで、ファミマを過ぎてから七尾湾沿いをなめる様に進んで行く!
能登島へは、さらに珪藻土の工場横を上がって行くと、そこはもう能登島への入り口の能登島大橋が目の前

気温は高い。日陰で水分補給だな~

001_20190815091100cf3.jpg
食堂みず
ここも有名になってしまって、入る事は無い。木陰でノンカロリーコーラをごくごくと
通りを見ていると、引っ切り無しに車が通過している。となると能登島に掛かるもう一つの橋、ツインブリッジへ直行かい

002_2019081509110285c.jpg
回転落ちの悪さを除けば絶好調の77、小さいボディはコーナーも楽しい~

003_20190815091103d32.jpg

能登中島店の「やはたのすしべん」が移転していたのは、知っていた。移転前は随分とお世話になっていたし
どれ一発お邪魔しますか^^

007_20190815091109cad.jpg


006_20190815091108143.jpg
向かいに見える旧店舗は見る影も無く、寂しい。
しかしここは駐車場も立派に有るし、他店にはない物産?も置いてあった。

005_20190815091106668.jpg

和風らーめんでしょうなぁ
ここは前金制です。

004_20190815091105410.jpg
変わらぬ味

ご馳走様でした。

ここから北へ向かったのは、冒頭の中島駅からの絡みとなるのだね~

008_20190815092830e80.jpg
大体、何線かも知らないのだ。
能登鉄道?七尾線? まぁ調べれば分かるこっちゃが、富山県内の鉄道駅舎巡りじゃあるまいし
コンプリートする気は無い。
しかし、西岸駅舎は素晴らしい味わいを持っていましたなぁ

この話は続く

ある日の能登半分

まだ梅雨の頃でしたな~
ふらっと、雨雲レーダーで十分に確認してからあても無く行ってくっか!

001_20190811093049755.jpg
時計が7時、この後出発したんだろう。

氷見の熊無から県境を越え神子原へ向かったはず

003_201908110930527d3.jpg
ソロツーは勝手気儘に停まる事が出来る。段々と記憶が戻って来た~
ここから巌門、富来へ! 富来で給油だな~と、燃料はチャポンチャポンと音で判断していたし

004_20190811093053ae6.jpg
幾つも有る風力発電機を狙いたかったが、写真のために労力を使うのも面倒でね~

005_20190811093055680.jpg
距離的に休憩したが、上の巌門は寂れてしまってますな。
ここから数キロ北上すると富来町で、スタンドが幾つかある、そこで給油だな

ドドドド~ん?雨かぃ あ~雨~輪島方向と西からは雲が迫ってますな、まぁ東は明るいのだが

006_20190811093057b9e.jpg
奥に見えるスタンドで給油して、出た所で雨脚が激しくなって来た!と同時に良い所に入り込んだY
雨雲レーダーもいい加減ですな、このまま輪島へ行くのは諦めて東に向かう。丁度、富来町から七尾湾へ
抜ける県道が有るので、ひた走る事15分程で路面は乾いて来ていたZ

そこは能登中島、牡蠣の養殖で有名な処だよ~ん

007_201908110930583cc.jpg
こっち側は嘘の様に晴れてますな~服もそれ程濡れてはいないし、水分補給と同時に一服点けて、っと
能登はあっちこっち周っていたが、こういう駅舎に寄る事は無かった。しかし意外と渋さが残っていたのは嬉しい!

008_20190811093059cc3.jpg
残されている旧さは、電鉄富山や一部の城端線に匹敵するのではないか!ほほぅ~

実は中学生の頃、この鉄道を使って能登鹿島へ海水浴とキャンプへ来た事が有った。よく覚えているのは
旅のしおりみたいなものを作って、買ったばかりの水中メガネを置き忘れた事を鮮明に覚えているからだY

009_20190811095741cc3.jpg
とここで息子のラインから、車をぶつけられた!とあったので取り急ぎ戻る事にした。

010_201908110957433cc.jpg

011_201908110957449bb.jpg
何の事はないのだが、県境で撮影
いつもながら快適に走れるこの海岸線は気持ち良い~

012_2019081109574509d.jpg
氷見駅で水分補給して

013_20190811095747732.jpg
帰って来た。

雨に見舞われたり、事故の連絡が入ったりとこんな日は、大人しくしてた方が良い。
この日の能登ツーは能登半島というより、能都半分でしたな~シャレジャナイヨ

安塚2019發動機運転会

020_20190806095125f88.jpg
気持ちは分かるけど^^良く持って来ましたな~

021_201908061051108ac.jpg
こう見えて日陰に人が居る。けどそういう所は排気煙で臭い^^
その近くで黒部から来ていたS塚さんは弁当を食っていた~美味そうでした~画像無し
何か売ってはった様な・・・この人はこういうのも大好きみたいだY

022_201908061051129a9.jpg
このヤンマーの周りは人が集まっていたのだが、空いた頃に撮影
形からポンプ?

023_2019080610511335c.jpg
こういうの好きな人は、上野に行かなくても有りますよ。

024_2019080610511474e.jpg
ここでヤマハの方へ歩いて戻る所ですな~焼そば¥300-でした!食べたかったが、食堂へ行かねばならぬZ

025_201908061051160f1.jpg
日陰に停めておいたが、徐々に陽射しが掛かって来た。横で休憩
交通整理係りのおっちゃんも、ちょいちょい日陰へやって来る。そりゃそうですな~辛いお役目です!


026_20190806105117dae.jpg

ちょー暑い中、10時半頃に安塚を後にしましたZ。
帰宅したのは3時半を過ぎていたのは、食堂探索に時間を費やしたからで、
高田駅に寄って上越教育大学付近から、8号線に乗った分けだ。走っても走っても暑かったY



安塚発動機運転会 2019

浜松W1クラブお馴染みの方々やシルバーさんのコメントで、各方面から安塚へ来ておられる事を知った。
魚津方面隊は行くだろうとは思っていたが、時間を合わせるのとオートバイで行きたいという事を思うと
必然的に単独行動になるのだ。殆どが車でしょうから、市街地をオートバイで走るのは苦痛でしかないし
ましてや食堂を探すのも一筋縄ではいかないのが、変態的に楽しいY

さて発動機運転会

しかし何ですな~ご当地の幟旗を見ているだけで圧倒されるのだが、オートバイ同様に日頃のメンテナンスが
この日のお披露目となる事を思うと暑さもなんのその?
暑いからとか遠いとかは、行動に制限をかけるものとはならない。

013_2019080609511558e.jpg
肩たたき機か、椅子も手作りで面白い。アタッチメントもそうだが閃きを実行に移す所は、情熱と工夫の賜物ですな

014_201908060951173db.jpg
何かを混ぜる物?それにしても錆の感じがまことに良いね~こういうのに痺れるのは、やはり困ったおっさんですな^^

015_20190806095117916.jpg
これは面白い。公道は走れないだろうが、作ってみたくなるんでしょうな~
過去にも農家のベンツみたいなのが走ってたが、それは緑ナンバーが付いてたメーカーのやつだったかな?

大和魂一発
チョー楽しい


016_20190806095119e44.jpg

発動機もオートバイも仲間みたいなもんけ?共通するのはエンジンで動くと言う事かも
ましてや部品の無い年代やメーカーのモノには、血が騒ぐのかもしれない^^

017_201908060951201cd.jpg
発動機に関しては多少のメーカーしか知らないけど、聞いた事も無いヤツも多々存在する。
そして動いている!排気音や煙、オイルを纏ったそいつは見事だとしか言いようが無い。・・・と思う
色々なしがらみや熱い心が汲み取れると言うモノ

018_2019080609512281c.jpg
言っときますが、暑いですよ

019_20190806095123e2e.jpg
レールはアングルを利用したもの!
でかいエンジンは、相当に引っ張れそうな感じがする。しかし持って来るかね~^^
何がそうさせるのか?ちょっとした自慢け?いやいやそういう気持ちが無いと、モチベーションを高めて維持できないわん
と思ったりする。帰って飲むビールはことのほか美味い事でしょうな^^

でもう1回つづく

プロフィール

そね

Author:そね
いつの間にか8月
乗らないと~
しかし暑いY




カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード