バス旅、浜名湖

019_201811121426268c6.jpg
通りを散策中に見つけた。
丸ハンドルのミゼットとナショナルかブリジストンの自転車

020_20181112142629b90.jpg
見える様に置いてあるという事は、好きな人だろう~窓には

021_20181112142631f91.jpg
日産になってからのスカイラインが

022_20181112142633ac4.jpg
^^ここで一番時間を使ったかも~

時間も限られているので戻る事に、再び五平餅屋さんの前で

024_201811121426389b5.jpg
五平餅屋から裏通りを歩いて集合場所へ向かったが、この辺も風情が有る。有るには有るが現代的な所と
交錯しているので、マップのラインから外れているのだろうな~持ち合わせている昭和の風景には、限りがあるね!

なんとか事務所でトイレを済ませるのだが、ロケで使用された物が飾ってあった。

025_20181113134532bb2.jpg
何も五平餅で、と思うのだが積極的に攻めるかかぁですな^^

026_20181113134535251.jpg

ここ岩村からは浜松市へ向かう。本日の宿は浜名湖畔なのだが、名物というか有名な「うなぎパイ」を製造している
ウナギパイファクトリーへ、春華堂として知られている。

まぁナビが有るとはいえ、運転手は大したもんだ。
下道から新東名に乗り、どこやらから東名へそしてどっかで下りた!非常に分かり難いですが^^

031_2018111313454841b.jpg
どこへいっても団体のバスが停まっているが、どのバスも駐車をピタッと決めているY
細い道のコーナーも見事に進んで行くし、俺には無理だな~と思ったZ

まぁ入り口から工場見学という流れで、最後にお土産を!
怒涛の様に買ってますなぁ、とてつもなく儲かっている気がしたし

029_20181113134542219.jpg

028_20181113134540747.jpg
浜松はもの作りの町と言われるが、オートバイが群雄割拠した時代や春華堂を取って見ても
爆発力は眼を見張る。新東名の浜松北IC傍には本田宗一郎の生家が在る事は、神子原へ行った時に教えて貰ったし
まぁ普通の人には、ホンダそういちろうの凄さと言うより凄まじい執念は、知る由も無いだろうが彼に関する書籍を
読んだ人には理解して頂けようか?そういう土地柄でも有るのは、浜松ポンポンクラブやW1クラブを見ても
窺い知れるのでR

027_20181113134538d17.jpg
オートメーション化は大量生産の証しで、途方も無い数を作って行く。
その割に良い値段してますな~
手作りのカステラや栗きんとんに栗羊羹を見て来たが、可哀そうになって来るZ

030_20181113134545801.jpg
ガラス越しに見える工場は衛生的で清々しい。どんだけ作っとんがい~売り上げは相当なもんだろうなぁ
かくいう我々もたっぷりと買いましたな^^バスやし

本日はここまでの見学で、浜名湖畔の宿へ向かう事になる。
東名の天竜川を越えた時に、浜松W1クラブの高田大先輩の優しい顔や、赤い屋根のお宅が思い出されたZ

薄暗くなって来た頃に到着した。ここは

翌朝の画像
037_20181113134604fb6.jpg

・・・・なんか地方の宣伝をしている様な気がして来たY
この日は、5本ぐらいしかタバコに火を付けていなかったZ

この続きはまた!

スポンサーサイト

バス旅、恵那

天気が良くてもオートバイに乗らない日

まぁ何ですな~年に一度の夫婦で旅行へ行って来た話し
去年は横浜・鎌倉
それ以前は犬山城・明治村、安芸の宮島・広島焼き、出雲大社と松江、伊勢神宮等訪ねている。
今年はバス旅で静岡県へ、途中岐阜県の恵那市から太平洋に向かって行く行程ですちゃ

出発は小杉駅前
※小杉駅:富山県射水市という途方もなく素晴らしい所にある旧JR駅
004_2018111213115785c.jpg


旅行会社のバスツアーなので、富山県各地から乗って来る分けだが、富山市から小杉、高岡を回って東海北陸道の
城端SAで最後の参加者を乗せてバスは本格的に出発した。1号車でしたな~
トイレ休憩は設けられているので問題は無いのだが、往復でのアルコールは流石に控えたし^^

ひるがの高原を過ぎて、美濃関JCTで東海環状線へそして土岐市から中央道とバスならではの高速優先移動!
まぁ早い! 直ぐに中津川の文字が見えて来たし
昼飯は、松茸ごはんと恵那鳥きのこ鍋と書いて有ったが中々^^評価は厳しいZ
団体専用のひるめしと捉えないと、どこに松茸?となってしまう。まぁビールを呑んでる人も少なからずいるが、
最近は近いので我慢したY

後後面倒なので、高速道路に関して東名や新東名を走りまわって行く事となるので今後は省略したいと
7月には一泊ツーリングで、磐田市のヤマハまで行ってるし記憶に新しいので妙に懐かしい気がしたZ

最初に寄った恵那市では、女城主とか半分、青い!といった天下のNHKの番組で、有名な観光スポットとなっている
岩村へ

005_20181112131200720.jpg
天気も良くて結構な人出で賑わっていた!

006_20181112131202783.jpg
実際にロケ地だったし、まだ新鮮な所も人気の所以かも知れんZ
ただそれだけでは無いだろう、と思わせる旧い街並みも良い感じで残されているのが良かった。

007_20181112131204559.jpg

008_201811121312079e6.jpg
この辺りは栗を使ったお菓子が有名だそうで、長野県の小布施ほど商業化は高くない物の
伝統的な栗きんとんや栗羊羹など、特に栗羊羹に日本茶は合いますな~

009_20181112131209a90.jpg
何が凄いかって、試食!と書いて有れば団体さんが群がるので、カステラ屋のおばちゃんもてんてこ舞いしてました。
試食は試食なのだが、少量だろうと買ってあげたくなるのも仕方が無いY
大半は試食しかしないだろうが、ここのカステラも程良い甘さで美味しかったね~

010_20181112131211296.jpg
この酒蔵は見学もできて試飲と
酒蔵の中には水路が流れていて、やはり水が豊富で良い所は条件が揃うのだろうかねぃ

011_201811121312147f1.jpg

012_201811121312164f6.jpg
酒蔵へ続く通路には、沢山の色紙やこれ(半分、青い!)の名残が残されている。

013_2018111213121908a.jpg
試飲・・・舐める位しか入って無かったが、吟醸の香りとすっきりした味わいは素晴らしかった!

酒屋には
014_20181112142420b41.jpg
酒粕ソフト小、200円 酒粕風味が効いて美味かったですな^^

015_20181112142616820.jpg
旧家「木村邸」町の文化財らしい。
横手には藩主専用の出入り口が有って、それに伴う様に武者窓も設置されていた。
なんのせ、由緒ある貴重な文化財ですな!

こういうのを一々細かく見ていたらバスに置いて行かれるので、薄く広く垣間見て行く事になる。
大概の滞在時間は30分とか長くて1時間なので、トイレを済ませて着席してシートベルトをするのが一連の流れだと
気付いたのはこの頃だったか^^

天気も良いので気分も良いですな~

016_20181112142618759.jpg
上から下って来て、ここら辺りのエリアが、半分青い!のロケ地らしい。
なるほど五平餅には行列が出来ていた!
昼飯を食って間も無いけど多くのツアー客が食ってたな^^ 俺は食って無いよん

017_2018111214262148c.jpg

018_201811121426235ca.jpg
しかしロケ地というモノは強烈なPRになる様ですな~地元の新湊でも映画やドラマの影響は、相当に凄いね。
表通りで思いがけないものを見た!

当分つづく









W1のタイヤ

008_201811071611467c6.jpg
ダンロップタイヤを用意したまでは良かったのだが、新しいチューブを用意していなかった!
うわ~っ・・・これでは再利用しか無い。適当にタイヤレバーを入れて、破損させる分けにはいかないので慎重に
レバーを突っこんだY

ふんどし(リムバンド)は新品が出て来たので、最近良くやる二重方式!といっても重ねるだけ
まぁ使っていたチューブなので劣化は見当たらないし、長期保存物だと皺が寄って亀裂が入って来るので
新鮮なチューブに越した事は無いZ

009_20181107161148e82.jpg
ビートクリームを塗り込んでバコンバコンと嵌めて行く。
チューブの噛み込みに注意して、おさめる!すかさずエアーを軽く入れタイヤ全周を良く良く見渡し
時折ゴムハンマーで均一になる様に調整するZ ここは納得がいくまでゴンゴンやるし
しばしばゴムハンマーのゴムだけが飛んで行くのも味でR

010_20181107161150ed3.jpg

またまた序が始まる。

011_2018110716115200e.jpg
チェーンに付着した油泥を落としてと(過去にやった事など無いのに、武器が出て来た)

012_20181107161154bdb.jpg
チェーンルーブやったかを回しながら吹き付けた。

013_20181107161156731.jpg

午後の部は前輪に取り掛かる。時間のかかるタイヤ交換ですな~
後輪同様にハブやらシューを掃除してバコン

014_20181107161159b70.jpg
同様に二重ふんどしと再利用チューブ
S-A用のブレーキパネルを使用している。まぁSにS-A部品を多用しているのだが^^

015_2018110716120134a.jpg
程良く油の着いたウェスで金属部分を拭いて仕上がりです。
いや~これだけで疲れましたなぁ、本来なら一皮剥きに走って来るべきだろうが、アルコールの誘いには
勝てませんな^^
自己満足でしか無いのだが、ひとしお酒が美味いと云うモノですちゃ。

どうせ、これからはちょっとしか走らんし
冬仕度もせんなんし、何かと大変ですZ


W1のタイヤ

以前交換してから
W1に似合うタイヤ
続、W1に似合うタイヤ

早いもので6年も経過しましたな~6年間乗り続けた分けでは無いので悪しからず
77やTX500を挟んでいますからな~車検代掛かるし

2012.11月に交換している。その少し前に長岡へ行った時の距離計の画像では、15,470キロ
概ねその位として、今回は
001_2018110615313177e.jpg
約11,534キロ走った事になる。まぁその気になればまだ2,000キロぐらいは走れそうだが、季節的な交換時期
というものが有って、シーズン中に交換なんぞはしたくないし、かといってシーズンオフの寒い日に交換するのも
嫌だねぃ、固いし
前回も11月だったのは、概ね今回と同じ感覚だったろう~

率直な感想、IRCイノウエは非常に良いタイヤでした。オートバイにコスパなんて有って無い様なもんだし
最近は検索掛けると、最安値が簡単に分かる。送料込みで調べれば自ずと日本で一番安く買えたりするY
便利なモノタロウと云えども、値段的に勝つのは簡単ではない!
今回、用意したタイヤはダンロップF11とK87で基本的に旧いオートバイ向けと位置付けても良いタイヤだろう。

同じタイヤを履くのを避けただけだが、K70でもイノウエでもメッツェラー(高い!)でも中古でも良いのだZ
グリップとか水はけ性能とかの明確な差は全く分からん。その性能性質に合わせた運転をしているだけで
本当に何でも良いのが本音だねぃ~実際に中古に履き換えた事も有るし

では交換するけ

001_20181106155050b00.jpg
現状・・・・前回の方がツル~だった気がする。改めて見ても2,000や3,000は走れそうだな~
濡れた山道を避ければ、何の問題も無いだろう!まぁ常識の有る人は換えるだろうな^^
何度も述べるが、時期というかタイミングが合わないと、交換する気にはなれないZ
ただし原付は何時でもパコンパコンと交換できますな^^
私の場合、色々とするので1日仕事になる。途中でどっかへ行くし^^

002_20181106155052a92.jpg

古いタイヤを外す、といってもマフラーやら何じゃらを取り外す。流石にスィングアームまではしなかったけど
やれば良かったかな~と後から思ったし

003_2018110615505417b.jpg
時間のかかる後輪から始める。途中で嫌~なってくるので、力の有るうちに

004_2018110615505646a.jpg
エアーとクリーナーで綺麗にする。シューと接触面はペーパーで一コスリしておく
ベアリングはスルスルと回転しているので、そのままにしておいたY

005_20181106155058327.jpg
スプロケ側も同様に磨いて行くのだね~で一服する

006_20181106155100703.jpg

007_20181106155102cad.jpg
油や泥汚れを一切取り除くのだ!チェーンカバーなんぞは、武器を利用して粗落としをした方が効率は良いしで一服と

まぁそんなこんなで時間が掛かるんですな~腹も減って来るし^^

リムだけにして、ニップル側とスポークもアレやコレやで手を掛けるねぃ!自分のオートバイだからするのであって
これ位はやってやらないとオートバイも素直に走ってくれませんからな^^ どっちもヘンタイカ・・・つづく

11月のミーティング

新湊からは大師匠と私の二人。それも大師匠の運転という事で

003_20181104142833fb1.jpg
今月から黒部市の方でSさんという、貴重な人材が参加されるそうだ。
わざわざ大吟醸と本生わさびを持参された!なのに山御大は家族サービスで欠席された・・・なので刺身は無しに
せっかくの生わさびに、おろし金まで用意されていたのに残念でした。

今月は第三土曜日に忘年会が開かれる。早いもんでもう一年が過ぎ去ろうとしているY
今年の忘年会はどういう展開になるか分からないが、いつもの場所で6時半開宴の予定ですな~

001_20181104142829898.jpg
長野県の酒と焼酎

いずれも初めて見た酒だ!呑めるし^^

有峰林道激走ツーリングの話や、キタおじさんが遥々九州まで行って来た事に加え10月だけで5,000キロも
走ったそうだ!の話など

002_20181104142831598.jpg
ほんまに、この山葵でペロっとやってグビっとやりたかったね~

12月は私が運転手になるので、フルーティな大吟醸を味わっていただきましたな^^

004_2018110414283548e.jpg

次は忘年会でお会いしましょう~
プロフィール

そね

Author:そね
11月だね!
シーズン到来か?ナンノ
もう寒いね~
忘年会もぼちぼち





カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード