心の選択ツーリング

朝6時ちょっと前に家を出た。スバルサンバーよ、頼むぞ! お前まで壊れたら、俺はどうすりゃいいんだ~
高岡市から小矢部市に至る8号線は、朝靄で霞んで怪しい朝の気配だったが、こういう時は眩しい程に晴れるもんだぃ

063_20171019142924a88.jpg
まぁ楽ですな~くるまっちゅうヤツは!ラジオが聴ける、暖房が出る。おまけにタバコが吸えると来たもんだ~
早い内に金沢市内を越えたかったのだが、野々市市や白山市を過ぎてもまぁクルマが多い。小松辺りから高速道路並みになってくるし
食堂めぐりや、昨日と再び同じ所を通っていると、どこで車線が広くなったりするとか、狭くなるなぁ~何て事が分かってくる。

それは金沢を通過中だったか、もしかしてトイレに行きたいかも!と感じつつ、この辺ならどこにでもコンビニがあるだろう
くらいに思っていた。もうちょっと我慢しようなどとやってると、だんだんやばくなって来た。
在る様で無いのかコンビニ~しまいには、大?小?などと思いつつサンバーのアクセルを踏んでいたが、いよいよやばいY
赤信号を先頭で停まった時、左に「やはたのすし弁」を見つけた。アカン入ろ!
トイレに駆け込んで、大か小かなんて場合かぃ!ここは中華やろ~てを洗いながら、和風中華食ってこ~っと
おばちゃん、中華ね^^ ズズズズルズル~
※作り話では無い

用を済ませ、再びサンバーで出発だ!
小松市がまた広い。手取川を越えてもまだまだ行かねばならぬ!

065_20171019142914354.jpg

だんだん退屈になって来るが、愛車カワサキ君が心配だ。移動が出来ない状態なので、外にむき出しであるし
なんぼ事務所の前と云えども・・・マフラー無かったらどーしよ~とかメーターは大丈夫だろうか?

やがて福井県へ突入

067_2017101914291704a.jpg
ようこそ福井県か~二日続けて来てますからな~

坂井市から三国港へ出れば良かったか、と後で気付いた。
福井市近くで海岸を目指したが、遠回りした気がしたY。

068_2017101914292187b.jpg
ようやく越前海岸に出たのは、9時を少し回った頃だったな~
祭りの雰囲気が出てる中、預かって貰ったGSは近い。 ハイオク最強シェルは直ぐそこだ~ 軽トラには入れないけど

スタンドには、祭りの関係者が大勢いたのにビックリしたけど、もっと驚いたのは、カワサキが移動していた。?
人海戦術で引きずったのか~
軽トラサンバーを停めて、スタンドの人に挨拶して(手土産は用意する暇もなくて)

GSのおじさん(昨日とは違う人)「あ~ニュートラル、入ったよ~動かしたんよ~」
な なぬ? 何で?右腰でシートを押さえつつ、スルスルスルスル~スルスル~動いたし!な なんで?さっぱり分からん
エンジンを掛けたかったが、サンバーを置いて行けば、また取りに来なくてはイカン

このまま一気に積み込んだ。おじさんが手伝ってくれた!ありがとう、おじさん
GSのおじさん(昨日とは違う人)「昨日はトラブルで焦ったんじゃないか~」とか言ったけど、な筈はない。
微動だにしなかったし、クラッチも切れなかったのだ。まぁ無傷で積み込む事が出来たのは、良かったが

祭りのおっちゃんが、そ何CC? W1か?と言いながら歩いて行った。

069_201710191429261c5.jpg
まぁ何はともあれ、富山県の自宅まで帰らねばならぬ。越前海岸は静かで、空は真っ青だったな~
丸岡城を見たかったが、真っ直ぐに帰ろう~

最接近する加賀インターから高速に乗ろうと思っていたが、下道を走っていた。いや~このままではどうなる事やら
途中、「びっくりうどん」へ入ろうとしたが、休みだったし・・・動橋(いぶりばし)駅前で中華そばでも~何て事を考えつつ
行き過ぎたり
結局、小松木場潟の道の駅で「小松うどん」を食ってみた。

070_2017101914291658b.jpg
芝まさワールド付近

072_2017101914291908b.jpg
朝8時頃に寄ったけど開いてなかった。なもんで手土産は諦めたわけだ。

074_20171019142928af5.jpg
小松市へ来て、何度となく目にした事か!「小松うどん」よ・・・なにものだ~

073_20171019142923cd7.jpg
カブッキーが載ってた。普通のうどん? やや甘め? ぐらいしか思わなかったな~

ここ道の駅「こまつ木場潟」の目と鼻の先が、8号線バイパスへの入口となってるので、まぁ入るわな~
金沢どころか野々市付近から混雑している。あ~嫌だ~サンバーにカワサキを積んでいるので如何ともし難いし
ジッと我慢の子であった大五郎は、延々と走行車線をキープした。

076_20171019152623cf5.jpg
県境の倶利伽羅の手前のトンネル
もう直ぐ富山県である。余り曲がりたくないので、まさに延々と延々と8号線を走ったY

077_20171019152625f10.jpg
ようやく到着

078_2017101915262760a.jpg
状況をよくよく考え、考えてみても原因が掴めない。今日はもう一杯やろう^^

「不幸中の幸い」というのが有るが、不幸中の幸いは結局、不幸な分けで
心の洗濯に出た筈が、色々と選択を迫られた二日間でもあった。
もっと粘ってオートバイに寄り添っていれば良かったか?
しかし越前海岸で日が暮れると、どうしようも出来ないし
路線バスからの連絡は、見事だったのは感心したり、サンバーで高速に乗らなかったのは悔やまれもしたが
無事に戻って来た事は、素直に喜ばしいY。順調で楽しかったツーリングは、期待を大きく裏切ってくれたけれど
自分への戒めとしなくてはイカンね~

それにしても金沢は嫌いですな~
カワサキを検証するのもちょっと怖いけど。



スポンサーサイト

心の洗濯ツーリング

高岡駅に到着。越前海岸の大味というバス亭から、3時間ちょっとで来てしまった~意外と早いのに驚いた。
052_20171018133440465.jpg
ホームの向こう側には、氷見線の電車が待っていた ニンニン
後は万葉線で中新湊へ行くだけだが、駅前で一杯引っかける元気も無くなっていたし

053_20171018133442000.jpg
鱒の寿司には目もくれず、エスカレーターで下へ降りた。

054_201710181334448a6.jpg
駅だけがやたらと明るく感じたが、この辺りで一服点けたろかい。一応、禁煙の文字を探すが見当たらなかったけど
端っこでプハ~とやってたら、待っていた万葉線が高岡駅を離れて行ったな~
万葉線という路面電車は、15分に1本来るので慌てる事も無い。

055_20171018133445ffd.jpg
新型がやって来たので乗車する事に

056_20171018133447e66.jpg

まぁ疲れた。オートバイに始まって、路線バスからJRに、そして元JRから万葉線を下りてから徒歩7分ほどか
結局一番長かったのは、路線バスだった。なんとか病院へも寄ったし

058_20171018133449412.jpg
六渡寺から庄川を通過中、ガタンゴトンガタンゴトンと新湊の街中へ

060_2017101813345090a.jpg
中新湊駅前からテクテクと自宅へ向かって歩いて行く。

061_20171018133451c43.jpg
なんか出そうな雰囲気の中、ようやく自宅へ辿り着いた。もうソッコーで冷蔵庫からビールを出そうとしたが、無かったY
ならば焼酎の水割りをゴクゴクゴクゴク~たは~うめぇ~からのシャワー・・・からの水割り~
呑みながら明日の対策を考えていた。
軽トラに工具とサンダーと固定するロープ一式・・・手土産はどっかで買おう。
翌朝、軽トラのエンジンオイルとホィールナットの緩みを確認して、再び福井県へ出発じゃ~
※サンダーは最悪、チェーンを切断するためだY

朝6時、いざ
062_20171018133453015.jpg

越前海岸のスタンドに到着した時は、再び驚かせてくれたZ

心の洗濯ツーリング

永平寺、一乗谷朝倉遺跡、食堂で中華そばを堪能した。精神安定メーターは完全にプラスへ移行した分けだ。

さて皆さんは「岬めぐり」を覚えているだろうか? 山本コータローとウィークエンドが歌ったあの歌だ!
1975年頃にヒットしたはずのあの歌、フォークソングだね~
岬ぃ~めぐりのぉ~バスはぁ走るぅ~

福井商業高校辺りから越前海岸へ抜けるにはちょっとした山を越えねばならない。何ちゅう名前か知らないけど越えるのだ!
大体、西へ向かえば日本海に出るはずだし、それが国道なのか県道か市道か不明だが割と走り易い良い道路だった。
お~越前海岸へ出て、敦賀方向へカワサキを向けた。そろそろガソリン補給だな~とシェルへ

ハイオク満タンで~ジョボジョボ~ハイありがとね~その時である。
ニュートラルに入らない。どころかクラッチも切れない・・・リアタイヤがピクリとも動かなくなった。
なんじゃこりゃ・・・まったく動かないのだ、はて一体どうしたことか?一応クラッチワイヤー、ミッション側を見た
クラッチレリーズは動いているし、ミッションケースの調整ボルトを動かして見たが、何の問題も無い。

スタンドのおじさんと二人で押すがびくともしない。・・・ギアに異変が生じたか?これは参ったの~
こんな事は始めてだ、トランスミッションのギアが破損したか?フロントスプロケか?
取り敢えず、横に振りながら移動したけど・・・クラッチが切れんとはどういうこっちゃ
ミッションケース、一次チェーンケースにもオイルは有るし
午後2時半だった。45分格闘したが、どうしても動かない・・・汗だくの泣き泣きで時間が経つばかりだY

敦賀市内のホテルに電話してキャンセルを入れて、バスは通ってますか?と聞いた。
あるよ!目の前がバス亭で福井駅へ行くよん・・・なぬ?

040_20171017164551027.jpg
明日はお祭りらしく、この辺りでは幟が立っていた。おお!後15分でバスが来るZ
スタンドのおじさんに鍵を預け、カワサキを置いて富山県へ帰るのかぃ。シカタナイノ~シクシク
まぁ一服点けてと ふぅ~このまま帰るのか?何とかできんのか?と自問自答したが答えはノーだった。
やがてバスは来た。始発駅はどこか知らないが、誰も乗って無かったY
券を取ってから、運ちゃんに確認だ。これは福井駅へ行きますね?行くよ~

越前海岸を見ながらバスは走る。

042_20171017164555fe9.jpg
窓にぃひろがるぅ~青いぃ海よ~っと
ここでハタと気付いた!チェーンを外せば良かったか?てっきりユニックだと思い込んでいたY
リアタイヤさえ回れば軽トラで回収できるな~と思ったりした、僕ちゃんだった。

041_2017101716455367d.jpg
バスに乗ったのは3時半で、福井駅に近づくに連れ、ほぼ満員になってきたぞ
下車したのは最後で¥700だったY、5時に3分前だったが福井駅には「今庄そば」が在る。一杯行くかのぅ^^と
まずは時刻表だ!
なぬなぬ?あと3分程で特急がやって来るやんけ~急いで金沢までの乗車券と特急券を買って、脱兎の如くホームへ

043_20171017164556422.jpg
5時に3分前・・・

044_20171017164558492.jpg
ここで写真を撮ってる場合では無かったZ
入り口の左側に、立ち食いそばの「今庄そば」が在るのだが

045_20171017164600640.jpg
ナント間に合うんだな~
17時01分発やて~

046_20171017164602261.jpg
あ~ハラヘッタ~
おおぅ、バックに夜の一杯用の「柿の種」が在る筈だと思い出してポリポリポリポリ

047_20171017164604c82.jpg
何てやってると、かなざわ~かなざわ~と言ったかどうだか、改札を出て富山県へ行くために切符を買い直すのだ。
新幹線なんて勿体無い、よりも新高岡へ行っても万葉線に乗れんし
在来の各駅停車で高岡駅へ向かったY
ここも乗り換えの連絡が良すぎて、一服どころかビールを買う暇も無かったのだす~
金沢でビール呑んだろ~と思ってたけど。上手く行かないのか、いってるのか^^

048_20171017164606f7a.jpg
18時01分に乗る。鈍行の各停である。そりゃ楽しいにきまっとるね^^
倶利伽羅峠を越えて真っ暗な闇を抜け、石動駅。 あ~やってるな~「麺類食堂」
西高岡駅を越えると高岡駅に到着だ!

049_20171017164608332.jpg

050_201710171718280e1.jpg

051_2017101717183059f.jpg
チェーンを外せば、明日にでも軽トラで行ける。んな事なら荷物やヘルメットは置いて来ても良かったのだ!

まだまだ続くよ、どこまでも~

心の洗濯ツーリング

永平寺での参拝によって、マイナスからプラマイ0に状態は戻ったようだ。なんせ参籠となると、おそらくアレだ
一汁一菜とかのヤツか^^ あれはちょっとなぁ~などと思いながら一服点けていたが、ここからほど近い
朝倉氏の遺跡が見学できるという・・・ほほう歴史学者に匹敵する私に、誘惑を仕掛けるか^^望む所だY

もろ永平寺のまん前でカワサキのエンジンを掛けた。これはこれで私のお経の様なもんで、宗派を超越した読経と
思えば良い。と勝手に何言ってま~んねんと

賑わう門前の土産物屋の信号を左に折れる。天気も良いし結構なこっちゃ^^

019_20171015090856188.jpg
右手の道からやって来た。一乗谷朝倉氏遺跡
九頭竜線が足羽川を横断して、程無くの所に在る。「あさくら水の駅」と遺跡とは、離れた所に在るし水の駅には用は無い。

013_201710150908477eb.jpg
これはもしかして遺跡の中の遺跡か?周りの田んぼはイセキだしププ

014_20171015090851662.jpg
取り敢えず見学してみるかぃ、なんせ奈良ツーリングの時に、法隆寺で聖徳太子の足跡を見つけた程の恐るべき
能力を持つ私には、当時の何かが見て取れるかも知れんのぅ

015_20171015090854edb.jpg
ふむ、やはり居るの~
※一般人には当然、見えないし感じる事も出来ない。

朝倉義景か、

016_20171015090858a5c.jpg
さっぱり分かりませんが、何か聞こえる。これはちょっとやばいかも・・・ナニナニ
浅井長政が織田を裏切って、ホホウ ついでに信長をやっつけてやるか~とな

その後、浅井・朝倉連合軍が信長と家康の軍と対決した。今で云う「姉川の合戦」となる。
何のせ、この辺りは(越前、近江、京から駿河辺りは室町戦国時代のメッカですからな~)

017_20171015090849d5d.jpg
資料館


なるほど、先ほど聞こえた声は朝倉さんと浅井さんの話だったか、しかし今はもう遺跡でしか無いのう
心残りだったであろう、二人の声は現代に伝えられたか!しかと承ったY

私の精神安定度メーターは、プラスへと変化していた。あ~はらへったな~体は正直である^^
ここから福井駅辺りへ出て、必殺の食堂を尋ねてみたい。まぁ街中へ入ると迷うわ、ここで活かされるのが
長年培って来た感である。福井も昭和の食堂の宝庫である事は、調べて知ってはいたし
まずは見つけた所へ行ってみよう。探し当てるなどとやってる場合ではないからだZ

福井駅から路面電車が走っている所、名門福井商業高校近くを(と言っても、ナビ無しでは難しい)走ってみようかぃ



心の洗濯ツーリング

常日頃、多様に変化して行く世の中で暮らしていると、心が荒んで来る。これが常態化すると精神に異常をきたし
平静な心が保てなくなる。私の場合、そんな時こそ「心の洗濯ツーリング」が特効薬となる。

大所高所でモノを言う積りはないが、ミサイルマンや緑のたぬき、ドラゴンゲートのジミーズ解散と心は荒んで行く
ばかりだった。そうだ!永平寺へ行って心の洗濯をして来よう~写経や修行僧の打ち込む姿勢など見習う所は多い。

体育の日は休みだし、連休を利用してカワサキに乗ってツーリングに出掛けよう・・・の長い長い話の始まりでR
その体育の日は、富山オートバイクラブの「激走有峰林道で熊の顔を見ようツーリング」の日でもあったが、
永平寺を優先させた。

両日とも晴天予報だし、日曜日なら8号線も空いていようY
新湊から延々と8号線を走って行く、金沢市や白山市に小松市を抜ければ福井県も近い。停まる事を知らないカワサキは
一気に県境を越えたZ 福井県の看板を見たのは10時を回っていたか、坂井市には国宝丸岡城が有り三国港や
そこに在る旧い建造物も存在するが、それは帰りにとっておこう~何せ「永平寺」へは物見遊山で行くのでは
無いからだ。気のすむまで心を鎮め、霊験の気を取り込むつもりである。

001_20171011155420c5b.jpg
わずかこの距離であった。一服しよう~

002_20171011155423bec.jpg
ここから永平寺までは10㌔ほどか

門前に近くなるにつれ、胡麻豆腐や永平寺そばの看板が軒を連ねて来る。
福井といえば、羽二重餅・・・おろし蕎麦・・・竹田の油揚げ・・・越前蟹・・・星山のホルモン・・・福井駅や敦賀駅の
立ち食いソバ・・・恐竜のなんじゃらか

003_201710111554275f3.jpg
一般車両は下の駐車場に停める事になるが、オートバイは傍らまで行けるのだY
ここは既に永平寺の中である!

004_20171011155430648.jpg
実は人でごった返しているのでR
おお!あながたも心が荒んでいるのかぃと思った分けだな

005_20171011155421d70.jpg
参拝券500円

いや~受付所だけでも相当に立派で、下手なホテルは道を開けるのではないか・・・
写経、法事、瓦の寄付に始まり寺を参拝するための講習を行っていた。ルール(寺則か)に従って行動をしないといけない。
納骨、供養、座禅は元よりである!

006_20171011155424b07.jpg
そういえば入り口に貼り紙が・・・まぁ粟津温泉での朝めしに一杯引っかけた輩が門をくぐるのであろうか
修行僧にも影響が出るだろうし

007_20171011155428287.jpg
何と言う幸運か!今日は入門が許されるかも知れない日だった。家にLINEを入れた、お坊さんになるかも知れん・・・
ソウカイ(僧かい)ずっと行ってな・・・・

取り敢えず寺院を見て回ろう~

008_201710111554328f5.jpg
「絵天井」当時の著名な画家による色彩画か、今現在なら依頼されたかもしれんのう~タブン

009_201710111631191ca.jpg
僧堂にはモンジュボサツが安置され、座禅が出来る。・・・・写経に座禅か、フフフ望む所だし
仏殿には、曹洞宗のご本尊であるお釈迦様が祀られていた。しかし私ごときが永平寺を語るのはおこがましいY
内部に関する事はこれで終わりとしたい。

010_2017101116312035d.jpg
しかし立派なもんだね~

011_20171011163122d34.jpg
色々と回ってると、少しずつ心が洗われていくのが感じられる。

ここ永平寺では「参禅」とか一泊体験できる「参籠」によって修行体験が可能だ。
先ほど触れたように入門する事もできる!
「心の洗濯ツーリング」に出たからには、それなりの成果あるいは納得が必要ではないか?

修行僧のお経を傍らで聞きながら、サイフを見たら・・・少し足りんな^^「参籠」はダメか・・・
参拝通路を矢印に沿って歩いていた。

012_20171011163124717.jpg
何か問いかけているのか・・・荒んだ心の曇りは晴れ渡り、常日頃の自分に戻った様な気がしたし

取り敢えず出口へ出て、靴を履いて一服しよう~プハー
フム平生の自分が戻って来たなぁと感じた瞬間でもあった。




プロフィール

そね

Author:そね
10月1日は、まっつりだぁ
まっつり終わった~
もう直ぐ冬ですな~

超涼しくなって来たね~
生ビールは秋でも美味いね~
いつもやけど^^
サンマにフクラギか~




カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード